冬の車トラブルについて

 

おはようございます。


東京都八王子市の株式会社翼です。




お正月休みも終わり、本格的に毎日お仕事という方が大半かと思います。


私たちのように車でお仕事している方もいれば、そうでない方もいるかもしれませんが車を仕事や生活で使う方に知っておいてほしい冬の車トラブルについて今日はご紹介いたします。





この冬の時期に多いトラブルが「過放電バッテリー」。


寒さに弱く気温が上がると性能が下がってしまうため、バッテリーの状態を専門店で定期的にチェックしてもらうようにすることをお勧めします。




バッテリーは一般に2年から4年といわれていますが、使用環境によっても異なりますので堂でする前には一度見てもらうのもいいかもしれません。




また、冬によくあるのがフロントガラスが凍ってしまっているということ。




フロントガラスが凍ってしまったからといって熱いお湯をかけてしまうとガラスが割れてしまう危険があります。


市販されている氷解スプレーや人肌程度のぬるめなお湯で溶かし、前方の安全を確認してから運転してくださいね!



今日の東京都内は強風、波浪、乾燥注意報が出ておりますので、お出かけされる方はくれぐれもご注意ください!