アメリカ禁酒法

 

おはようございます。

東京都八王子市の株式会社翼です。


今日1月16日は禁酒の日です。

大正9年、アメリカで禁酒法が実施されました。




そもそもなんでこんな法律ができたかというと


「お酒の飲みすぎは体にもよくないし、道徳的にもよろしくない」

「労働に対する意欲が上がるし、節約にもなる」

「アルコール中毒や犯罪を減らそう」

などの理由があったかただそうです。


また、もともとアメリカはプロテスタントというキリスト教でも特にお酒について厳しい勢力が強かったため、アルコールに対する強い批判があり、20世紀初頭までに18の州で禁酒法という無茶な法律が通ってしまったんですね。


しかしこの法律

酒の醸造・販売・運搬・輸出入を禁止しただけで、飲酒自体は認めていました!


つまりバーなどでは販売はできないけど

家でこっそり飲むのは大丈夫だったということです。


しかしこんな法律、誰も守るわけがなく世の中には密造酒と密輸酒があふれかえってしまいました。

結局、禁止された酒によって街の治安は荒れ、アメリカ社会は滅茶苦茶になってしまいました。




お酒は嗜む程度だったらいいですが飲みすぎには注意!

体を壊さぬ程度に、距離感を保って、楽しくお酒とつきあっていきたいものですね。