受け取れない荷物もある! 置き配利用時の注意点とは?

 

新型コロナウイルスの感染拡大以降、外出せずに買い物をする手段として、オンラインショッピングの需要が飛躍的に高まりました。

それに伴い、多くの配送業者が導入を始めたのが「置き配」です。



置き配とは、自宅の玄関前や宅配ボックスの中など、指定された場所に荷物を置いていく配送方法をいいます。在宅・不在に関わらず、荷物を非対面で受け取れるため、新型コロナの感染対策として注目されるようになりました。


置き配はとても便利ですが、利用する際にはいくつかの注意点もあります。特に注意が必要なのは、荷物を家の外に置きっぱなしにする関係上、どうしても盗難のリスクが発生することです。また、生鮮食品の配達には適していないため、多くのECサイトでは対応していません。着払いや代引きでの受取も不可能です。



そして、ECサイトや配送業者ごとにルールが異なる点にも注意する必要があります。どのような注文方法なら置き配になるのか、そもそも自分の注文した商品が置き配に対応しているのかといったことは、注文確定前に必ず確認しておきましょう。特徴を理解すればとても便利なサービスなので、ぜひ年末年始の荷物の受け取りなどに役立ててください。