チャーター便って何? メリットやおすすめの使い方を紹介

 

荷物の輸配送の方法はいろいろありますが、安全性や正確性を重視したい時におすすめしたいのが「チャーター便」です。


チャーター便は「専属輸送」や「貸切便」ともいい、トラック1台を丸ごと貸し切って特定の荷主様の荷物を運ぶことをいいます。複数の顧客の荷物を一緒に運ぶのは「混載便」です。


チャーター便のメリットは、トラックを貸し切るので配達の日時やルートなどの自由度が高いことです。他の顧客の荷物との兼ね合いを考慮する必要がなく、目的地に直行できるため、指定した時刻までにより確実に届けることが可能です。急いで荷物を届けたい時や到着時刻の細かい指定がある時などは、チャーター便が適しているでしょう。

また、他の顧客の荷物との接触や積み下ろしの際のミスによる、荷物の破損も防ぐことができます。逆に、他の顧客の荷物に損害を与えてしまうこともありません。そのため、特殊な形状の荷物や高額な荷物、美術品・工芸品などの壊れやすいものや貴重なもの、さらには動物やニオイの強いものなどの輸配送に向いています。


その他の種類の荷物でも、破損のリスクをできる限り抑えたい時や大ロットの荷物を運ぶ時などは、チャーター便がおすすめです。これまで混載便しか使ったことがなかったという方も、荷物に応じてチャーター便を使ってみてはいかがでしょうか。


翼では、チャーター便のご依頼を積極的に募集しております。荷物を安全かつ正確に輸配送したい時は、ぜひご利用ください。