今年の「中秋の名月」は満月!だけどそもそもどういう日なの?

 

2021年の「中秋の名月」は9月21日です。

今年はちょうど満月に当たりますが、実は中秋の名月だからといって必ず満月になるわけではありません。



そもそも中秋の名月とは、いわゆる旧暦(太陰太陽暦)の8月15日の夜(十五夜)に見える月のことを指します。旧暦では7月~9月が秋なので、そのちょうど真ん中である8月15日が「中秋」とされました。そして、この頃はだんだん気温が下がってきて空が高くなり、月もきれいに見えることから「中秋の名月」と呼ばれるようになったのです。


また、旧暦では新月の日を月の始まり=毎月1日としていたため、月の満ち欠けの法則上、毎月15日は満月かそれに近い状態になります。そのため、旧暦の「中秋の名月」はほぼ満月でした。


しかし、現在使われている新暦(グレゴリオ暦)は太陽の動きを基準にしているため、月の満ち欠けと連動しません。その関係で、旧暦の8月15日が新暦の何月何日に当たるのかは毎年違いますし、中秋の名月だからといって必ず満月になるわけでもないのです。とはいえ、この時期の月が美しいのは間違いないので、どんな形であれお月見を楽しむといいでしょう。

ちなみに、月を愛でる文化は平安時代に中国から伝わったとされていますが、海外では月を愛でる文化がない国もたくさんあります。特に英語圏では、満月が人の心を狂わせるという言い伝えがあるなど、少々不気味なイメージを持たれているのです。こういった国ごとの文化の違いに注目して、中秋の名月を楽しむのも面白いでしょう。