10月1日は大切な「都民の日」。いろいろな施設が無料になります!

 

10月1日は、東京都の条例で制定された「都民の日」です。「そんなの聞いたことがない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、この日は東京都にとって重要な意味を持っています。


現在の東京都の前身である東京府は明治元年に生まれ、明治22年には東京23区の前身である東京市が作られました。しかし、東京市ができる直前に施行された「市制特例」という法令によって、当時は市民の市政参加が大きく制限されていたのです。市長と助投(副市長)の仕事は国が任命した府知事と府書記官が行い、市役所もなければ市の職員もいないという状態でした。


このような状況を変えるべく、市民の間で粘り強い運動が続けられ、明治31年には市政特例が廃止。同年10月1日には、市会によって選ばれた市長が誕生し、市役所も開設されて市民の市政参加への道が開かれました。この歴史を忘れないよう、大正11年に10月1日が「自治記念日」とされ、昭和27年には条例の制定によって「都民の日」になったのです。

都民の日条例は全5条からなり、記念行事を行うことや施設の手数料・入場料を減免できることなどが定められています。これに則って、上野動物園や東京都美術館、浜離宮恩賜庭園といった多くの施設が無料公開され、さまざまなイベントも開催されているのです。コロナ禍の現状ではありますが、感染対策をしっかりと行いつつ施設を見学し、気分転換を図ってみてはいかがでしょうか。


東京都を拠点とする株式会社翼では、関東エリアを中心に荷物の輸送を行っています。24時間稼働で急なご依頼にも対応可能、エアサス車の導入により壊れやすいお荷物でも安全に運べるのが強みです。

スポット便・チャーター便・定期便のいずれにも対応しておりますので、輸送をご検討中のお客様はお気軽にご相談ください。


お問い合わせはこちら