10月15日は「世界手洗いの日」。徹底した手洗いで新型コロナ対策を!

 

最近は新型コロナウイルスの感染対策として、手洗いがすっかり定着した感があります。そこで、この機会にぜひ知っておいていただきたいのが、10月15日の「世界手洗いの日」です。


世界手洗いの日は、国際連合児童基金(ユニセフ)や世界銀行からなる「石鹸を使った手洗いのための官民パートナーシップ」が、「国際衛生年」である2008年に制定しました。日本では日本ユニセフ協会が主催し、ライオンや花王といった企業の協力により運営されています。制定の目的は、正しい手洗いの大切さを世界に広めることです。


世界には、日本では当たり前のように使える水道やトイレがなく、不衛生な環境での生活を強いられている人々が少なくありません。そのために、下痢や肺炎にかかって命を失う子どもたちが年間約150万人もいるのです。しかし、石鹸を使った正しい手洗いができれば、年間100万人もの子どもの命が守れるとされています。

手洗いは最もお金がかからず、それでいて非常に効果の高い感染症の予防法です。風邪はもちろん、季節性のインフルエンザや新型コロナウイルス、そしてアフリカで発生しているエボラ出血熱にすら効果を発揮します。世界手洗いの日をきっかけに、改めて手洗いの有効性に注目し、新型コロナをはじめとする感染症から自分や家族の身を守っていきましょう。


株式会社翼でも、新型コロナの感染対策として、従業員への手洗いの指導を実施しています。外から帰った時、荷物を触った時、食事の前後など、とにかく何かあれば手洗い・消毒です。

安全には徹底的に配慮しておりますので、どうぞ安心して輸送をご依頼ください。


メールでのご依頼・ご相談はこちら